肝臓

2020年11月26日 16:36
カテゴリ:内臓健康

こんにちは。
群馬県前橋市の整体Lemon 代表セラピストの河合です。

 

本日は、肝臓についてです。





内臓にはそれぞれの役割がありますが、


肝臓には、

血液の蔵血、胆汁の生成、コレステロールの生成、ビタミンや酵素の生産や貯蔵、解毒などの働きがあります。


また、肝臓は平均重量が約1,5㎏あるそうです。
脳より少し重いくらいです。
位置は、身体の右側寄りにあります。





その他にも肝臓は怒りの感情や筋肉、眼などにも関連があります。
右側にあるので、右肩がしんどくなるということもあるようです。



肝臓は怒りの感情と関連すると言われており、

肝臓が疲れていると


イライラしやすい、

逆に、怒りに伴い、肝臓に負担がかかりやすい


ということがあるようです。





ですので、普段よりイライラする気がする!
という時には、もしかすると


「肝臓が疲れているかも」

「肝臓に負担をかける食生活になっているかも」

と考えることもできます。

肝臓による影響でみられるその他も含めると

・イライラ
・目がかすむ
・眼精疲労
・爪の変形
・筋肉痛が長引く
・生理のトラブル
  などがみられる可能性があります。






肝臓の負担を軽くしようとする場合、
解毒臓器としての役割を持つため、

身体に入れるもの、食べ物の見直しはやはり効果的であると考えます。



お酒が影響するのは、よく聞きますね。



その他、添加物のある食事を過剰にしてしまうことでも負担がきます。

インスタント食品、お菓子、ジュースなど身近にあるものにも添加物は含まれています。





これらの摂取をなるべく控えることで、負担軽減を図ることも可能と考えられます。



1日3食というのも、絶対ではないので、

無理がなければ、1食抜いてみるのというのも肝臓を休ませてあげられる一つの手段かと思います。



体も心も無理せず、労ってあげてください✨



本日もご覧いただきありがとうございました(^^)



*********************
整体Lemon
群馬県前橋市南町3丁目22-2 SPハイツ306
HP:https://www.rs-lemon.com

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)