東洋医学

2020年11月18日 13:48
カテゴリ:知識

ブログをご覧いただきありがとうございます。
群馬県前橋市の整体院 整体Lemonの河合健太です。

本日は東洋医学についてです。



当店では、オステオパシーの考え方を行う上で、東洋医学も参考にしています。



東洋医学では、五行説というものがあります。

木・火・土・金・水 

の五つの要素に世の中のものことを分ける考え方です。


それぞれに内臓や季節、感情などが分けられています。



【木】
肝臓、胆嚢、春、目、筋、青、怒、酸味 など

【火】
心臓、小腸、夏、舌、脈、赤、喜、苦味 など

【土】
脾臓、胃、土用、口、肌肉、黄、思、甘味 など

【金】
肺、大腸、秋、鼻、皮膚、白、憂、辛味 など

【水】
腎臓、膀胱、冬、耳、骨、黒、恐、塩味 など


があります。検索すると色々出ますので、気になった方は調べてみると、自身の体調管理に役立てることも出きるかもしれません♪


簡単な考え方の一例としては、
【木】の中で、肝臓や目、筋、怒り、酸味が書いてありますが、

眼精疲労がもしあった場合、ただパソコンで疲れただけが原因ではなく、
・食生活などによる肝臓への負担がかかっている
・イライラすることがあり、肝臓や目に影響している
・眼精疲労から筋(肩こりなど)につながる

といったようなことも可能性として考えられ、


それに対し、
・肝臓への施術
・食生活の指導
・感情の原因を考える
・酸味のある食事が不足していれば摂取する

などの症状に対する色々な原因や対応策が考えられます。

また、原因は単一ではなく、複合的な場合もあります。



施術では、上記の五行を参考に根本原因を考え、内臓調整を行ったり、食事の知識をお伝えしたり、時には感情へのアプローチを行ったりさせて頂きます!


ご覧いただきありがとうございました。

整体 Lemon
群馬県前橋市南町3丁目22-2 SPハイツ306
TEL:080-8582-9454
HP:https://www.rs-lemon.com

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)